公共料金の支払いでクレジットカードヒストリーを磨く

公共料金を支払っていると、毎月クレジットカードを使うことになります。
毎月クレジットカードを使い支払いをしていると、優良なクレヒスを構築できるというメリットが出てきます。

クレジットカードを使うと、個人信用情報機関に記録がされます。
これがクレジットカードヒストリー(クレヒス)です。
クレヒスが良いと、クレジットカードやローンなどの契約がしやすくなります。
金融商品の使い人ということがクレヒスによりわかるためです。

クレジットカードを持っているだけでは、クレヒスは構築されません。
クレジットカードを使うということが重要です。
ただ毎月クレジットカードを使わない…という方もいるのではないでしょうか。
そんな方こそ、公共料金はクレジットカードで支払うことをおすすめします。
公共料金を支払っていれば、毎月クレジットカードの請求が上がってきます。
公共料金を支払っているだけで、良いクレヒスを構築できるのです。

ただクレジットカードの支払を延滞したりすると、クレヒスは悪いものとなってしまいます。
公共料金を支払っているクレジットカードの支払は、遅れないように注意をしましょう。
2,3日の遅れならまだ良いのですが、2か月、3か月と遅れるのは厳禁です。