公共料金でマイルを貯めるならANAカード

ANAマイルは公共料金の支払いでも貯めることができます。
公共料金を支払い獲得したクレジットカードポイントを、ANAマイルに交換すれば良いのです。
マイルはフライトだけで貯めるものではなくなっているんですね。

おすすめなのは、ANAカードです。
ANAカードは使うと提携しているクレジットカード会社のポイントたまります。
一般ANAカードだと5マイルコース、10マイルコースのいずれかでポイントをANAマイルに交換します。
交換レートが良いのは10マイルコースとなるので、ほとんどの方がこちらを選択しています。
移行手数料が必要になってしまいますが、利用金額が高ければ元を取ることができます。
ショッピングだけでなく公共料金の支払いにも使い、ANAカードの利用金額をあげるのが良いでしょう。

ANAカードではなく一般のクレジットカードポイントを、ANAマイルに交換する方法があります。
ただANAマイルは、交換レートが低くなってしまうことがほとんどです。
0.5%あれば良い状況なので、せっかく公共料金を支払ってもそれほどたくさんのマイルを獲得できなくなってしまいます。
それなら交換レートが良いANAカードで公共料金を支払った方がおすすめなのです。